現役医師が教える 中村天風哲学 最強のマインド・フルネス(KKロングセラーズ)

中村天風

「マインド・フルネス」は、今ではアメリカのIT企業の社員研修に取り入れられたり、学校の授業や名門大学の講義でも教えられるなど有名になった。
脳科学的研究も多く発表されている。
本書では、医家16代の医師が、中村天風哲学流マインド・フルネスを説く。
顕在意識に働きかけてプラスの思考回路を作る方法やストレスを生み出さない発想法や瞑想法、呼吸法などを伝授。
精神安定物質「セロトニン」が発生しやすい禅語など、科学的なアプローチで、わかりやすく「マインド・フルネス」を伝授する。
ストレスに負けない心と身体の作り方をあなたに!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. user より:

    瞑想やマインドフルネスの本を何冊か読んでいて、呼吸法も実践中。
    天風さんの言葉もかねてより興味があったので読んでみた。

    結論でいうと、天風さん流の呼吸法はこの本だけだと実践が難しそう。

    挿絵がなく、実践したくてもよく意味がわからない部分があったからだ。
    ただ、根本的な考え方は共感しているので、私が実践中の呼吸法と若干やり方が違うとしても、向かう方向は同じなんだろうなと感じた。

    人間の脳は1日のおよそ半分以上を心をさまようことに費やしている
    DMN(雑念)は、脳の全エネルギー消費の60-80%を占める、つまり脳の最大の浪費家だから、雑念を取り払い脳をすっきりさせることが大切

    ヨガも呼吸法もこれからも続けていこうと思う。

  2. user より:

    瞑想やマインドフルネスの本を何冊か読んでいて、呼吸法も実践中。
    天風さんの言葉もかねてより興味があったので読んでみた。

    結論でいうと、天風さん流の呼吸法はこの本だけだと実践が難しそう。

    挿絵がなく、実践したくてもよく意味がわからない部分があったからだ。
    ただ、根本的な考え方は共感しているので、私が実践中の呼吸法と若干やり方が違うとしても、向かう方向は同じなんだろうなと感じた。

    人間の脳は1日のおよそ半分以上を心をさまようことに費やしている
    DMN(雑念)は、脳の全エネルギー消費の60-80%を占める、つまり脳の最大の浪費家だから、雑念を取り払い脳をすっきりさせることが大切

    ヨガも呼吸法もこれからも続けていこうと思う。

  3. user より:

    瞑想やマインドフルネスの本を何冊か読んでいて、呼吸法も実践中。
    天風さんの言葉もかねてより興味があったので読んでみた。

    結論でいうと、天風さん流の呼吸法はこの本だけだと実践が難しそう。

    挿絵がなく、実践したくてもよく意味がわからない部分があったからだ。
    ただ、根本的な考え方は共感しているので、私が実践中の呼吸法と若干やり方が違うとしても、向かう方向は同じなんだろうなと感じた。

    人間の脳は1日のおよそ半分以上を心をさまようことに費やしている
    DMN(雑念)は、脳の全エネルギー消費の60-80%を占める、つまり脳の最大の浪費家だから、雑念を取り払い脳をすっきりさせることが大切

    ヨガも呼吸法もこれからも続けていこうと思う。

タイトルとURLをコピーしました