心が強くなる言葉

中村天風

できないことをできた格好にしちまうんだ、頭の中で。
そうすると人間が人間らしく本当に生きられるよ。
人間だけなんだよ、考えられるのは。
(本文より抜粋)多くのビジネスマンの心の支えとなった中村天風の言葉を、心・生・楽・積極の4章に分けて紹介。
30分で読めて、成功と幸運力と人間力がつく本!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. user より:

    松下幸之助さんや稲盛和夫さんなどにも支持された中村天風の考え。

    難しい言葉などではなく、自然な言葉が持っている力を感じさせてくれる一冊です!

    タイトル通り心が強くなる言葉が書かれています♪

  2. user より:

    温度とは、人間の脳が作り出したものです。
    つまり、熱い、冷たいというのは物理的には存在しません。
    これらは脳が作り出した幻想なのです。
    不幸、不運、アンラッキー、このようなネガティブな出来事も、脳が作り出した幻想だと思いなさい。
    というのが本書の趣旨だと思います。
    若い時には、このような発想は理解できませんでしたが、人生も半分を過ぎると、このようなこころの問題を理解できるようになります。
    このような意味で、本書は20代以下の方にはお勧めできません。
  3. user より:

    読む時々によって感じる印象は変わるんだろうなと思わせる本

    普遍的な概念がやさしい言葉で綴られている

    「人生というものは、そこに進歩と向上があってこそ
    生きがいを感じ、勉強もし、努力もするんですよ。

    「どうせ明日の朝、死ぬんなら、
    ビクビク生きているよりは、
    生きている間は楽しく生きていこう
    という気持ちになったほうが、どうも得のようだ」

    確かに、”心が強くなる言葉” の集まりだ。

  4. user より:

    松下幸之助さんや稲盛和夫さんなどにも支持された中村天風の考え。

    難しい言葉などではなく、自然な言葉が持っている力を感じさせてくれる一冊です!

    タイトル通り心が強くなる言葉が書かれています♪

  5. user より:

    温度とは、人間の脳が作り出したものです。
    つまり、熱い、冷たいというのは物理的には存在しません。
    これらは脳が作り出した幻想なのです。
    不幸、不運、アンラッキー、このようなネガティブな出来事も、脳が作り出した幻想だと思いなさい。
    というのが本書の趣旨だと思います。
    若い時には、このような発想は理解できませんでしたが、人生も半分を過ぎると、このようなこころの問題を理解できるようになります。
    このような意味で、本書は20代以下の方にはお勧めできません。
  6. user より:

    読む時々によって感じる印象は変わるんだろうなと思わせる本

    普遍的な概念がやさしい言葉で綴られている

    「人生というものは、そこに進歩と向上があってこそ
    生きがいを感じ、勉強もし、努力もするんですよ。

    「どうせ明日の朝、死ぬんなら、
    ビクビク生きているよりは、
    生きている間は楽しく生きていこう
    という気持ちになったほうが、どうも得のようだ」

    確かに、”心が強くなる言葉” の集まりだ。

  7. user より:

    松下幸之助さんや稲盛和夫さんなどにも支持された中村天風の考え。

    難しい言葉などではなく、自然な言葉が持っている力を感じさせてくれる一冊です!

    タイトル通り心が強くなる言葉が書かれています♪

  8. user より:

    読む時々によって感じる印象は変わるんだろうなと思わせる本

    普遍的な概念がやさしい言葉で綴られている

    「人生というものは、そこに進歩と向上があってこそ
    生きがいを感じ、勉強もし、努力もするんですよ。

    「どうせ明日の朝、死ぬんなら、
    ビクビク生きているよりは、
    生きている間は楽しく生きていこう
    という気持ちになったほうが、どうも得のようだ」

    確かに、”心が強くなる言葉” の集まりだ。

  9. user より:

    温度とは、人間の脳が作り出したものです。
    つまり、熱い、冷たいというのは物理的には存在しません。
    これらは脳が作り出した幻想なのです。
    不幸、不運、アンラッキー、このようなネガティブな出来事も、脳が作り出した幻想だと思いなさい。
    というのが本書の趣旨だと思います。
    若い時には、このような発想は理解できませんでしたが、人生も半分を過ぎると、このようなこころの問題を理解できるようになります。
    このような意味で、本書は20代以下の方にはお勧めできません。
  10. user より:

    読む時々によって感じる印象は変わるんだろうなと思わせる本

    普遍的な概念がやさしい言葉で綴られている

    「人生というものは、そこに進歩と向上があってこそ
    生きがいを感じ、勉強もし、努力もするんですよ。

    「どうせ明日の朝、死ぬんなら、
    ビクビク生きているよりは、
    生きている間は楽しく生きていこう
    という気持ちになったほうが、どうも得のようだ」

    確かに、”心が強くなる言葉” の集まりだ。

  11. user より:

    松下幸之助さんや稲盛和夫さんなどにも支持された中村天風の考え。

    難しい言葉などではなく、自然な言葉が持っている力を感じさせてくれる一冊です!

    タイトル通り心が強くなる言葉が書かれています♪

  12. user より:

    温度とは、人間の脳が作り出したものです。
    つまり、熱い、冷たいというのは物理的には存在しません。
    これらは脳が作り出した幻想なのです。
    不幸、不運、アンラッキー、このようなネガティブな出来事も、脳が作り出した幻想だと思いなさい。
    というのが本書の趣旨だと思います。
    若い時には、このような発想は理解できませんでしたが、人生も半分を過ぎると、このようなこころの問題を理解できるようになります。
    このような意味で、本書は20代以下の方にはお勧めできません。
タイトルとURLをコピーしました