強い人生をつくる 中村天風の言葉 最晩年の弟子が伝える天風師の教え

中村天風

この時代だからこそ心に響く天風の言葉。
時として難解な天風哲学を、中村天風最晩年の弟子の一人にして医師でもある著者がわかりやすく伝える。
「世の中に 右も左もなかりけり 真中一筋 誠一本!
」「なにが起こるかわからないから人生は面白い!
」【目次】私は力だ人生は勢いだがむしゃらにやれ!
断じて行えば鬼神もこれを避く天は自ら助くるものを助く拝むな、神は崇め尊ぶだけだ、それ以上要求するな迷信などに惑わされるな元気かー晴れてよし 曇りてもよし 富士の山剣聖の訓へによりて焚きし飯 禅味ゆたかに力涌き出づ事あって事の人生だよ心配して生きても一生、心配しないで生きても一生じゃないか風邪一つ引かないのが本当の健康なんだよ水くらいかぶりなさい食細うして命長し天風が講演の中で使った歌、俳句天風先生御歌(五〇音順)天風が引用した歌、俳句、諺「免許皆伝シリーズ」慣用句・諺など外国の諺など漢詩中村天風年表【著者】松本光正1943年生まれ。
内科医。
天風会講師。
1969年北海道大学医学部卒業。
浦和民主診療所所長、おおみや診療所所長を経て、現在サン松本クリニック院長。
駒場東邦高校在学時に、中村天風の最晩年の弟子になり薫陶を受ける。
日本笑い学会、彩の国いきがい大学、シニア大楽などで講師を務め、各地で講演を行っている。

まだレビューはありません

購入・お申し込みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました